先日、あるテレビ番組で整形手術を何度も繰り返している人たちの特集が組まれていました。

誰もが自分の顔や外見にコンプレックスを持っていると思います。

その部分が原因で性格まで暗く考え方までマイナス思考になり消極的になってしまうこともありますね。

外見のコンプレックスを解決することで、考え方が前向きになったりすることを考えると、整形手術は決して悪いとは言えないと思います。

ただ、一度外見を変えてしまうと、もっときれいに、もっとよく、ときりがなくなってしまうこが怖いですね。

私の友人でも二重まぶたにしたとか、鼻にプロテーゼを入れるというプチ整形をして人もたくさんいます。

また整形手術ではないものの、脱毛をして外見をきれいにみせるということも体のコンプレックスを解消するひとつの手段、方法にもなると思います。

私は全身のレーザー脱毛を新宿のクリニックで施術してもらいました。

エステサロンではなく、クリニックを選んだというのは、医療脱毛のほうが安心できるためです。

◇こちらもCheck!⇒[新宿のレーザー脱毛練習法]

決してエステサロンは危険というわけではありませんが、新宿のレーザー脱毛のクリニックのように、医師がいる施設というのは何かあった時に安心できるからです。

同じ脱毛でも、エステサロンで施術できる光脱毛と、クリニックなどの医療機関で施術できる医療脱毛があります。

医療脱毛のレーザー脱毛は医療行為であり、エステサロンの光脱毛は、医療行為ではないのだそうです。